Top >  メニュー >  主役は花嫁! 写真で想い出を残しましょう

主役は花嫁! 写真で想い出を残しましょう

"男性の立場から正直に言わせてもらうと、結婚式は大掛かりなイベントなので遠慮したいというのが本音です。
最近の若い人は地味婚を通り越して、結婚式をしないカップルも珍しくありません。
かくいう私も結婚式を挙げていません。
また、周囲の人たちも経済的・時間的に余裕がない場合が多いです。
入籍の報告だけしてもらって、そのついでにご祝儀を渡すだけの方が何かと波風が立たなくて助かる、という話も聞いたことがあります。
でも、結婚式はそういう実利的なイベントではありません。
特に花嫁さんには、そういう意識が強いようです。
たとえ夫となる人の前では「結婚式をしなくてもいい」と言っていても、内心では結婚式を挙げて想い出を残したい、と思っている人も少なくないはずです。
とはいえ、家計が苦しいのも理解できます……。
そういう場合は、せめて花嫁衣装を着て二人で写真を撮るのはいかがでしょうか。
用意するものは特にありません。
写真館や結婚式場で衣装などは貸してもらえます。
もちろん、結婚式を挙げるよりはるかにお金が掛かりません。
もし家族も参席したかったとか、すでにお子さんが生まれているのなら、一緒に写真を撮りましょう。
そうすることで結婚式は挙げられなかったけど、家族としての素敵な思い出を残すことができます。
そして将来、経済的に余裕ができれば改めて結婚式を挙げてもいいのです。
写真を眺めながら「あのときは、いろいろ苦しかったけど、今は幸せだね」と、過去のことを懐かしい想い出に変えることもできるかもしれません。"

メニュー

関連エントリー

プロフィールの書き方 結婚相談所での紹介方法 自分で相手を選ぶことはできるの? お見合いパーティって何? 結婚相談所のイベントにはどんな物がある? 結婚相談所のイベントは参加したほうがよい? 1ヶ月に何人まで紹介してもらえるの? お見合いはどうやってセッティングするの? 初めてのデートにおススメの場所 初めてのデートのときの服装は? 結婚を考えて付き合う事が多くなる30代の恋愛 デートで気を付けるところは 難しく考えなくて良いのでは? 二人の未来の約束を語りながら、二人で過ごすことも大切です。 思い出ひとつ数百万 主役は花嫁! 写真で想い出を残しましょう 私が初めて妊娠した時のこと。 嬉しい半面不便も多い! 何かにつけ頭にくる夫