Top >  メニュー >  私が初めて妊娠した時のこと。

私が初めて妊娠した時のこと。

"私は、子供のころに両親が離婚をしました。
父は、ちいさな会社を営んでいましたが、母親はその仕事を手伝うのがいやだったようです。
母は、父の仕事に協力的ではありませんでした。
料理もあまり上手いとはいえませんでした。
私が12歳のころに、母は家をでました。
私の理想の母親像というものはありませんでした。
それは、テレビの中の出来事でした。
私にとっての母親というものはどんなものなのか、それはテレビで見て想像するしか
ありませんでした。
私は、こんな子供でしたので、結婚に関しても憧れはあまりありませんでした。
でも、会社に入って、周りの女性がドンドン寿退社していく中で、私も同じことが
したいと思いました。
私は、友人の紹介で知り合った人と付き合いが始まりました。
それが今の旦那です。私たちは、家が近いこともあり休みの日に会うことが多かったです。
2年ほどして、結婚の話がでました。でも、私は自分の母の事がトラウマにあり、
実際に自分が結婚してうまくやっていけるか不安でした。
そんな私は、子供の母になることに関しても自信がありませんでした。
子供を持っても、自分の母のような人にはなりたくないと思ってました。
私は結婚と同時に旦那の親と同居でした。旦那の母は、優しい人で本当の母のようでした。
私は、この家なら安心して子供を産めると思い、結婚して3年ほどで計画的に妊娠しました。
私は、基礎体温をつけていたのです。なので、妊娠した時はすぐにわかりました。
病院に行って、きちんと診てもらった時に、お子さんがいますよと言われた時は嬉しかったです。"

メニュー

関連エントリー

プロフィールの書き方 結婚相談所での紹介方法 自分で相手を選ぶことはできるの? お見合いパーティって何? 結婚相談所のイベントにはどんな物がある? 結婚相談所のイベントは参加したほうがよい? 1ヶ月に何人まで紹介してもらえるの? お見合いはどうやってセッティングするの? 初めてのデートにおススメの場所 初めてのデートのときの服装は? 結婚を考えて付き合う事が多くなる30代の恋愛 デートで気を付けるところは 難しく考えなくて良いのでは? 二人の未来の約束を語りながら、二人で過ごすことも大切です。 思い出ひとつ数百万 主役は花嫁! 写真で想い出を残しましょう 私が初めて妊娠した時のこと。 嬉しい半面不便も多い! 何かにつけ頭にくる夫